今どきの婚活サービスはよりどりみどり

憧れのブランドコスメの会社に入社して、3年。
仕事は楽しいし、やりがいがあるのですが、入社してすぐに気が付いたのは、周りが女性ばかりだということ。

社員はもちろん、お客様も基本的に女性ばかり。
社会人になってから、男性と知り合う機会が激減してしまいました。
それでも、先輩や友人に紹介してもらったりもしたのですが、いま一つピンと来なくて。

そんなとき、ネットでこちらのサイト:「大阪婚活のススメ」のサイトを見つけたんです。
そうだ!私も婚活しなきゃ!と思わせてくれるサイトです。

結婚相談所とかお見合いとか、最初はちょっと抵抗があったんですが、お見合いと言っても昔のような堅苦しさはないみたいだし、それに婚活っていろんなものがあるんですね。
このサイトを見るまで、何も知らずに「いい人に巡り合わないなあ」なんてことばかり考えていた私。
そりゃあ、彼もできないし、結婚なんて無理ですね。

でもこういうサービスを利用したら、何とかなりそうな気がしてきました。
大阪でおすすめの結婚相談所を利用するべきか、それとも、結婚情報サービス?婚活barやインターネットomiaiも楽しそうだし、気軽に利用できそう。
たくさんあるけど、どれにしようかな。

まずは婚活サービスを種類ごとに調べて見なくちゃ。
各サービスの特徴やメリット・デメリットなどを調べて、私に合ったものを利用したらいいんですよね!

晩婚、少子化問題をなくすために

社会の変遷にともない、経済情勢の変化などで晩婚化が進んでいるそうです。それにより30歳を過ぎてからの結婚により、初めての出産も30歳を突破するという事態になっているようです。

先に行われた国会予算委員会の答弁で、ある党の質問者が晩婚問題に触れ、サザエさん一家のような7人家族で三世代が一緒に住むような家庭が少なくなったと述べています。

これに答弁をした首相は「このような背景に少子高齢化の問題が潜んでいるようだ。その要因の一つに晩婚化があるようだ。その傾向を反転していく必要がある。」と述べています。

その対策として、女性の社会における役割が大きくなったことにより、結婚、出産の問題を解決するような施策が必要だとも述べています。具体的には育児休業制度を確立させ、きちんと活用させること。
今ではこの問題を日本の将来における深刻な事態として捉え、少子化相という子育て担当大臣を設けるようになったのです。
実際にその担当大臣(女性)も中学生の子育てを現にしており、国会に迷惑をかけないかと小さくなりながら仕事をしているとのこと。

この大臣も国会の答弁で以下のように述べています。
「子育てママの代表として言うが、有権者ではない声なき国民としての子どもを主役においた政策を打ち出してこなかったのは、政治のさぼり。私は「子育て担当大臣」でもある。子育ての楽しさ、すばらしさを共有するような政策を打ち出したい」
まさに、子供を実際に育てた経験から言える、重みのある言葉ですね。
このようなことが国会でも取り上げられるようになり、ようやく日本も遅ればせながら、その動きが活発になってきそうですね。

会話を考える

婚活の会話に関することをお話します。婚活の会話は、コミュニケーションの大部分……婚活が成功するか失敗するかはほとんどここにかかっているといっていいでしょう。口調についてですが、最初からため口を使うのは、当たり前ですがやめておきましょう。社会人として、初対面の人には敬語を使うべきです。礼儀も知らないのかと呆れられてしまう可能性があります。また、態度についてですが、もし気に入らない相手と話すことがあったとしても、決して露骨な態度は取らないようにしましょう。その態度の悪さが、本命の相手にも伝わってしまう可能性があります。

会話の内容についてですが、愚痴や悪口など、悪いイメージを生む会話は控えるようにしましょう。愚痴や悪口などを言って、相手に良い印象を与えることは基本的にありません。逆に悪い印象を与えかねないので、悪いイメージを生む言葉はできるだけ発さないようにしましょう。

では、相手の印象を良くする会話というものを考えます。一般的には、相手を褒めるのが定石ですね。ただし、露骨に相手を褒めるのはNGです。あくまでさりげなく、仕事についてだったり、趣味のことだったり、外見だったり、さまざまな要素を褒めましょう。

結婚に向いている男性

婚活は女子だけのものじゃない!
男性だって結婚したいなら婚活する人はたくさんいます!

今は女性の社会進出が進んできて、結婚する女子が少ない=男性も結婚できない人が多いってこと。
婚活している男性もたくさんいるのが今の時代です。

そこで、今回は男性向けに書いてみようと思います!
「結婚に向いている男性とは!?」という内容について書いてみますね♪

まず、昔ながらの亭主関白タイプの男性は、今じゃ嫌われがちですよ!
上に書いたように、女性も働く時代です。
「家事は女がやるもの」「台所に男は入るべきじゃない」
こんな考えの男性は嫌われてしまいます。
男性でも家事をやる・料理をする。これは当たり前!
家事が苦手な男性も、少しずつやるようにしましょう!

そして礼儀正しい男性が好かれるようですね。
例えば店員さんにきちんと敬語が使える・お礼が言える。
当たり前のようですが、これってできない男性が多い!
やっぱり礼儀って大事だからね。
「ありがとう」「ごめんなさい」は言える人がいいですよね。
きちんと当たり前のことをできるようにしましょう!

他にも趣味に打ち込んでいる人や金銭管理が出来る人。
こういう人も結婚に向いていると言われています。

男性も婚活する人が多い時代。
これらのことを気を付けてみてくださいね♪

ごあいさつ

ああ無情! 知らなかったらソンしてるへお越しくださり、誠にありがとうございます。
私の日常をぼちぼちご紹介しつつ、流行ワードや話題のアイテムに関する耳寄り情報を載せていくことがこのサイトの目的です。
サイト運営はまだまだ慣れない点もあるんですが、いざ始めてみるといろいろな面白さがあるんですね。
これからは、来て下さる人のタメになるような情報を多く載せていきたいなと思っておりますので、末永くよろしくお願いいたしますね!